×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×その弁護士はぶよぶよの顎を震わせながら涙を流しました。

みっともない、何を泣いてるんだこの弁護士は。
自分のやってる事の愚かさや情けなさに気づいてか。

情けなさに涙を流したいと思ってる人は他にいるだろうが。

光市母子殺害事件

事件によってはマスコミの情報操作みたいなものがあって、偏った報道になる時も
あると思うのだが、そういうのをさっぴいてもこの犯人だけは我慢がならん。
フライヤーに頭から突っ込んでやろうかと思うくらいだ。

死刑にせずに自分の罪の深さを気づかせてやって、更正の道を歩ませてやろうという意見ももしかしたらあるかもしれないが、この男は更正はしないだろう。
もし世に出れば同じ事を繰り返す。

更正する機会があるとすれば、死刑が決まってその刑が執行されるまでの
一瞬だけじゃないのかな。

それにしても、原告の本村さんのこころのつよさには頭が下がる、死刑を求める強硬な姿勢に反対意見をいろいろ言われた時期もあったらしいのだが。
8年以上もの間、冷静な態度を貫いてきた事に驚嘆を禁じえない。

私はすぐに態度に出てしまうのだが・・。

隊長たるもの冷静沈着であらねば!

TITLE: 人として。(山口光市母子殺害事件集中審議) URL: http://science-holyday.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_d420.html BLOG NAME: For myself DATE: 09/21/2007 22:35:38 山口光市母子殺害事件集中審議について、以下に意見(もどかしい感情論を含む)を述べ
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://jituenbutai.blog70.fc2.com/tb.php/27-ab779244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。